人工知能プログラマのブログ

プログラミング、人工知能、ゲームについて

海外営業をやるには、英語力以上に大切なものがある

こんにちは、少し自分のことを書いてみようと思います。

持病が発覚する前、そう、学生時代まで遡ります。

 

無謀な学生時代

ITを勉強しつつ、英語も勉強しておりました。

特に海外に行くにつれて、特に海外営業として働きたいなと思っておりました。

なぜ海外でエンジニアという選択肢はなかったのか、また書きます。

狙うはメーカーの海外営業、あるいは総合商社。

 

プログラミングはほどほどに勉強しており、力を入れたのは英語です。

留学前にTOEICを600点から800点まで上げました。(900点は届かなかった。)

大学院では留学もしましたし、海外の学会にも参加し、結構頑張っていた方なんじゃないでしょうか。

 

今でこそ、プログラマが結構華やかな感じですが、

当時自分の価値観では、総合商社の海外営業やメーカーのプロジェクトマネジメントが輝いてみえました。年収も高いですし。

 

新卒社会人になってみて

実際に大企業の海外部門に3年就職してみて、感じたことを書いていきたいと思います。

 

必要なものはTOEICのスコアや英語力はマストスキルではない

もっと大事なものは、

・人と仲良く仕事をやる力(定義は曖昧ですが)

3年以内であれば、ベンチャーと違いで大企業であればあるほど急成長を求められず、ゆっくりした成長を求められます。ガツガツしたものより笑顔で仕事ができる力が必要でした。特にいろんな部署と共同で仕事をすることを求められたので、対人能力と笑顔と楽しめる余裕があればオールオッケーなんじゃないでしょうか。

ミスっても上がなんとかしてくれます。優秀でも3〜4年目くらいまで大きなプロジェクトは任せられませんし。

 

・交渉力

実際に国際会議などに出ると綺麗な英語力は必要ありません。綺麗であればそれはそれで良いけど。その場(会議など)で発言する勇気など飛び込んでいく力が必要です。

多少間違っていてもいいんです。僕の場合は発言するとなぜか緊張して、話せなくて叱られまくった。

40代以上のおじさんだと、TOEIC4,500点の英語力で海外のプロジェクトを完了させていきます。それは僕にはできなかったけど大切なものは英語力ではないです。

 

・出張がめちゃくちゃ多い

土日(週末)になると月曜に向けて、移動になるのですが、結構疲れます。

もし海外営業など海外に関わる部署を目指している人は覚悟しておいたほうがいいです。ここで慣れてくると、将来6〜9年目くらいで駐在なども見えてきます。

 

私は、この金土日の出張などでだんだん病気が表面化してきました。

割とすぐ休職に入れたんだけど、ここで躓きました。

 

余談ですが、大企業はこういう病気などの予測できない事態が起きると強いです。

中小企業や、ベンチャーなどでは、受けられない恩恵が受けられます。

よく大企業かベンチャーか、などネット上で議論が見受けられますが、

こういう点では、大きな企業は福利厚生など充実しています。

また額面で例えば24万円だとしてもプラス10万円くらいの福利厚生代があると言ってもいいです。(例えば社宅代、社員寮代など実質ほぼ負担ゼロなので)

 

・将来大企業の海外営業として働きたい方へあるいは内定を目指している方へ

やっておくと良いこと

 

・とはいえ英語

英語はマストではないですが、最低限は必要です。今のうちに勉強しておきましょう。

できれば海外経験も積んでおくと良いでしょう。留学や学会、ボランティアなんでも良いです。TOEICは入社すると内定者に満点ホルダーがいたりするので、スコアはあまり気にしないようにしましょう。

 

・専門知識

ものづくりなら生産管理(カイゼン、VEなど)。他には、会計、IT知識などマストです。自分の専門領域を作りましょう。私の場合ですと学生時代なら、生産管理とAIを勉強しました。今だったら、勉強するならAIやIoT、ブロックチェーン、量子コンピューティングなどの知識でしょうかね。

 

・勉強だけに絞らない、こだわらない

部活、サークル、バイトでも何かしらマネジメント経験を積んでおくと、

その後割と成功体験が生きて、仕事でもうまいこと回ったりします。

勉強も大切ですが、遊びもほどほどに取り入れましょう。例えばアルバイトの接客業が後々に大切になってきたりします。接客がうまくいくと後輩の指導ができるようになります。それができるとマネジメントもできるようになって社会で生きて行く武器になります。

・全力で頑張らない健康管理

優秀でも燃え尽きる人結構います。

頑張りすぎちゃうんですかね。今の若い方だと僕の学生時代の時より、かなり頑張っていると思うので、あえて上げさせていただきました。

健康管理です。一番大切です。ランニング、筋トレなど今のうちにやっておくと良いでしょう。とはいえ私もランニング、筋トレは学生の時やっていたけど防げなかった持病があります。とはいえ結構ここで脱落する人が多いんです。

 

さて現在とある大企業でプログラマとして就職しておりますが、

若手の時を振り返ってみました。

 

 

誰かの参考になれば。

また書きます!