プログラマmappoiのブログ

Webプログラミング、人工知能、ゲームについて

家でのプログラミング〜PHP編〜

こんにちは。

 

fitbitのapiを使って、ウェブブラウザで心拍数を表示しようとしたら、

fitbitのusbケーブルがなくて断念したmappoiです。

 

情報処理試験などの勉強をするのも大切ですが、

同じように手を動かしてコードを書くという作業も大切ですよね。

プログラミングって、本を読んで覚える仕事でもないですし。

 

ある程度、まとまって時間ができたら、awsなども使って公開もしてみたいなぁ。

恥ずかしながら、ブログなどでウェブアプリを公開したことがないのです。

つまり、実質、初めてウェブアプリ開発やってます。

 

社内のは、やっと一つ、ウェブアプリを納品できそうです。

若手のときは研究開発補助はJava、事務の補助もVBだったし、

最近では、画像処理などはPythonだったので、PHPなどは本当に初めて。

 

さて徐々に勉強していく必要があるんですが、まとめておこうと思います。

1.HTML,CSS

2.JavaScript

3.PHP or Perl

 

まずはこの辺りを押さえておこうと思います。

フレームワーク、DBやサーバはまだそれほど触らない。

 

勉強する習慣を付ける

こんにちは、タイトルの通りです。

 

情報処理試験やソフトウェア開発の勉強をしたいのです。

もっと深く知りたい分野がたくさんあります。。

しかし、とは言っても、昨年は早く帰ってきてもゲームばかりやっていたので、

久しぶりに勉強すると辛いです。

 

勉強する習慣をつけようと思っております。

ここ最近は、30分やり、休んで、また30分やり、休んでの繰り返しです。

で、平日は1時間〜1時間半程度、土日は3時間程度勉強しています。

 

正直全然足りない。。(>_<)

 

でも勉強すると、疲れてしまうのです。

特に理論系。

 

疲れたら、コードを書いて手を動かしてます。

 

 

これはリハビリに時間がかかりそうです。

特に土日はがっつり勉強したいのですが、今は、せいぜいできて3時間です。

 

読んでいる本をまとめておきます。

 

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

  • 作者: アンドリューハント,デビッドトーマス,Andrew Hunt,David Thomas,村上雅章
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 42人 クリック: 1,099回
  • この商品を含むブログ (347件) を見る
 
リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

 
達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ (CodeZine BOOKS)

達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ (CodeZine BOOKS)

 

 

 

積読にならないように、頑張ります♪

 

他にも統計、機械学習などなどやりたいですが、

流石にまだ手を付けられないです。

 

ではまた♫

 

人工知能系から社内システムエンジニアへ転身

こんにちは、久しぶりの更新です。

実はブログでかなり遅めの報告になりますが、転職しました。

 

タイトルの通り、以前はデータサイエンス・ディープラーニングを中心に

Pythonを使い研究開発を進めていましたが、

やったこととは

・論文の再現

・TensorFlow/Kerasを使ってコーディング

・CNN/RNNの実装

しかしディープラーニングで画像などの識別の精度を上げることは苦労しました。

(実際それほど精度は上がらなかった)

 

また持病で体調も優れなかったためという背景もあり、転職しました。

人工知能の勉強は楽しかったけど!

 

というわけで転職しまして、

今は割と大きな企業で、社内のWebシステムを構築しています。

人工知能の勉強はひとまず置いております。

 

このブログの目標は自分の技術ログ、勉強ログを残していきたいのです。

仕事が忙しく、まだまだ体調が安定しないこともありなかなか勉強やプログラミングができないのですが、

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

海外営業をやるには、英語力以上に大切なものがある

こんにちは、少し自分のことを書いてみようと思います。

持病が発覚する前、そう、学生時代まで遡ります。

 

無謀な学生時代

ITを勉強しつつ、英語も勉強しておりました。

特に海外に行くにつれて、特に海外営業として働きたいなと思っておりました。

なぜ海外でエンジニアという選択肢はなかったのか、また書きます。

狙うはメーカーの海外営業、あるいは総合商社。

 

プログラミングはほどほどに勉強しており、力を入れたのは英語です。

留学前にTOEICを600点から800点まで上げました。(900点は届かなかった。)

大学院では留学もしましたし、海外の学会にも参加し、結構頑張っていた方なんじゃないでしょうか。

 

今でこそ、プログラマが結構華やかな感じですが、

当時自分の価値観では、総合商社の海外営業やメーカーのプロジェクトマネジメントが輝いてみえました。年収も高いですし。

 

新卒社会人になってみて

実際に大企業の海外部門に3年就職してみて、感じたことを書いていきたいと思います。

 

必要なものはTOEICのスコアや英語力はマストスキルではない

もっと大事なものは、

・人と仲良く仕事をやる力(定義は曖昧ですが)

3年以内であれば、ベンチャーと違いで大企業であればあるほど急成長を求められず、ゆっくりした成長を求められます。ガツガツしたものより笑顔で仕事ができる力が必要でした。特にいろんな部署と共同で仕事をすることを求められたので、対人能力と笑顔と楽しめる余裕があればオールオッケーなんじゃないでしょうか。

ミスっても上がなんとかしてくれます。優秀でも3〜4年目くらいまで大きなプロジェクトは任せられませんし。

 

・交渉力

実際に国際会議などに出ると綺麗な英語力は必要ありません。綺麗であればそれはそれで良いけど。その場(会議など)で発言する勇気など飛び込んでいく力が必要です。

多少間違っていてもいいんです。僕の場合は発言するとなぜか緊張して、話せなくて叱られまくった。

40代以上のおじさんだと、TOEIC4,500点の英語力で海外のプロジェクトを完了させていきます。それは僕にはできなかったけど大切なものは英語力ではないです。

 

・出張がめちゃくちゃ多い

土日(週末)になると月曜に向けて、移動になるのですが、結構疲れます。

もし海外営業など海外に関わる部署を目指している人は覚悟しておいたほうがいいです。ここで慣れてくると、将来6〜9年目くらいで駐在なども見えてきます。

 

私は、この金土日の出張などでだんだん病気が表面化してきました。

割とすぐ休職に入れたんだけど、ここで躓きました。

 

余談ですが、大企業はこういう病気などの予測できない事態が起きると強いです。

中小企業や、ベンチャーなどでは、受けられない恩恵が受けられます。

よく大企業かベンチャーか、などネット上で議論が見受けられますが、

こういう点では、大きな企業は福利厚生など充実しています。

また額面で例えば24万円だとしてもプラス10万円くらいの福利厚生代があると言ってもいいです。(例えば社宅代、社員寮代など実質ほぼ負担ゼロなので)

 

・将来大企業の海外営業として働きたい方へあるいは内定を目指している方へ

やっておくと良いこと

 

・とはいえ英語

英語はマストではないですが、最低限は必要です。今のうちに勉強しておきましょう。

できれば海外経験も積んでおくと良いでしょう。留学や学会、ボランティアなんでも良いです。TOEICは入社すると内定者に満点ホルダーがいたりするので、スコアはあまり気にしないようにしましょう。

 

・専門知識

ものづくりなら生産管理(カイゼン、VEなど)。他には、会計、IT知識などマストです。自分の専門領域を作りましょう。私の場合ですと学生時代なら、生産管理とAIを勉強しました。今だったら、勉強するならAIやIoT、ブロックチェーン、量子コンピューティングなどの知識でしょうかね。

 

・勉強だけに絞らない、こだわらない

部活、サークル、バイトでも何かしらマネジメント経験を積んでおくと、

その後割と成功体験が生きて、仕事でもうまいこと回ったりします。

勉強も大切ですが、遊びもほどほどに取り入れましょう。例えばアルバイトの接客業が後々に大切になってきたりします。接客がうまくいくと後輩の指導ができるようになります。それができるとマネジメントもできるようになって社会で生きて行く武器になります。

・全力で頑張らない健康管理

優秀でも燃え尽きる人結構います。

頑張りすぎちゃうんですかね。今の若い方だと僕の学生時代の時より、かなり頑張っていると思うので、あえて上げさせていただきました。

健康管理です。一番大切です。ランニング、筋トレなど今のうちにやっておくと良いでしょう。とはいえ私もランニング、筋トレは学生の時やっていたけど防げなかった持病があります。とはいえ結構ここで脱落する人が多いんです。

 

さて現在とある大企業でプログラマとして就職しておりますが、

若手の時を振り返ってみました。

 

 

誰かの参考になれば。

また書きます!

ほぼ未経験で人工知能関連のプログラマになった経緯

こんにちは。

更新します。

 

本日は、情報系出身とはいえ、

ほぼほぼ未経験だった私がプログラマになった経緯を書きます。

 

今よりへっぽこなプログラムを書いていた学生時代

意気揚々と有名大学へ進学したものの、JavaSQLも、Linuxもなんのこっちゃ分からず、授業についていくのが必死でした。離散数学などももちろん必死に勉強していましたが、今となっては忘れています。。

プログラミングについては、強化学習ニューラルネットワークJavaで再現しようにも先輩に手伝ってもらっておりました。

 

言い訳なんですが、特に大学院は研究だけに注力すれば良く、プログラミング能力はマストではないんですよ。というわけで、逃げるように留学をしました。

TOEICのスコアは上がったけどね。

 

新卒で入ったけど、病気で辞めた会社について

事務処理短縮のため、VBAを勉強して残業時間を減らしたりしていましたが、

あまり評価されず。ほぼプログラミングはしていません。

そして会社で論文を書いたり色々しているうちに難治性の病気が発覚し、

休職はできたのですが、復職できるまで回復せず、退職。

 

プログラミング未経験かつ持病持ちでどうやって人工知能プログラマになったの?

という質問が来ると思うので、書きます。

下記の経緯は療養しながら、やっておりました。

 

1.オブジェクト指向の勉強をし直した。

家のPCにJavaをインストールして、勉強しなおしました。

また最近Python、Rがはやりだして、再勉強をやりました。

おすすめはこれ。

 

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

 

 

 

2.SQLの基本からやり直した。

設計手法などは現場から学べばいいかなと思っていたので、そちらは手薄ですがこちらも基礎からやり直しました。

 

 

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

 

すっきりシリーズはいいですよ。

 

3.人工知能の勉強

 特にディープラーニングの勉強をしました。3~4回は読んだかな。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

 

分からないところなど線形代数微分積分からやり直しました。

 

ゼロから学ぶ線形代数 (KS自然科学書ピ-ス)

ゼロから学ぶ線形代数 (KS自然科学書ピ-ス)

 
ゼロから学ぶ微分積分 (KS自然科学書ピ-ス)

ゼロから学ぶ微分積分 (KS自然科学書ピ-ス)

 

線形代数微積は必要ですよ。

特に理論から理解するためには。

 

 4.資格取得をした

ラクJavaブロンズを取得しました。

Java SE 7 Bronze - サンプル問題 | オラクル認定資格制度 | Oracle University

オンラインで取れるということもあり、受験しました。

またPythonの資格も取得しました。

www.pythonic-exam.com

ちなみにIPAの試験は受けておらず、これから受験予定です。。

未取得の方は一緒に頑張りましょう。。

 

 

5.退職後にベンチャーでアルバイトおよび業務委託をした

たまたまネットで見つけた会社に応募をして機械学習案件だったので合格し、

働かせていただくことに。もちろん病気のことは伝えて。

「無理しなくていいから~」という感じだったし、なによりアルバイトで経験を積んだのがよかった。

このときに、短期ではあったものの設計手法から開発方法までソフトウェア工学とは何たるかを教えてもらった気がする。ディープラーニングも開発手法も、業務でやって初めて覚えられた気がする。

 

という感じです。

 

まとめ(現在)

そして現在アルバイト・業務委託から転職し、某大手企業でプログラマとして働いております。

人工知能の素養があったものの、ほぼ未経験者だった私が「人工知能プログラマとして働くまで」をかきました。

人工知能プログラマになるのは多少運が必要ですが。。

 

プログラミングの勉強をしたいけど、

PythonJavaの開発環境から分からないという方がいれば、

オフィス導入だけでほぼ済む、VBAなどから徐々にプログラミングに慣れていけばいいですね。

もしくは、ハローワークで募集をかけてるプログラミングなどの職業訓練などもいいかもしれません。

ではまた。

はじめまして

はじめまして、mappoiです。

実は二度目のブログ。

技術系のブログを目指しています。

 

海外大学院へ留学しながら、都内T大大学院卒業。

国内メーカーへ入社するも、持病が発覚し退職。

再就職しプログラマに。現在プログラマ二年目くらい。

 

大学院で強化学習ニューラルネットワークの勉強をしました。

当時はフレームワークのKerasやTensorFlowはメジャーではなく、Javaニューラルネットワークを書いていました。

 

新卒就職は、すぐに持病が発覚し休職し退職しました。

病気をオープンにすることを決意し、再就職。

Pythonを使ってます。

 

趣味はゲーム。モンハンをメインにやってます。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いたします。